FC2ブログ

              
01月17日  漆喰が届きました
IMG_4003.jpg

 新潟からの発送だったので、雪の為遅れていました。

 ホントに「うま~く塗れるのかな?」
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月15日  一番早く届いたものは・・・。
 節穴を埋めるコーキングを、アマゾンに注文しました。これ1個では「送料無料」にはなりません。別の物も買うことにした。後1ヵ月はもつ石鹸シャンプー、養生テープ、文房具、まだ3ヵ月以上は充分もつ岩塩。

 一番先に届いたのは・・・・。

 岩塩!

 おみずは「一番後で良かったよね。」
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月14日  節穴
IMG_3987.jpg

 前回買ったヒノキ材は、節穴の補修がしてありません。安かったので仕方がありません。自分たちでこの節穴を埋めなければなりません。

 おみずは、最初コーキング材を詰めました。2日位経って見たら、乾きが悪い、もう少し待って下に貼った養生テープを剥がすと、テープにくっついてしまう。モノによっては全部取れてしまいます。「これはまずい。」と木工の補修材にしました。これもくっつく。

 そこでおみずが、テープとコーキングの間にカッターを入れてみました。すると!!綺麗になる!コーキング材で埋めることに再びなりました。穴埋め作業はしばらく続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月12日  下地塗り終わる
 やっと、トイレの下地塗りが終わりました。大変でした・・・・。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月11日  藁の下はネズミの住処
 明日は雨の予報が出ているので、藁散らしをしました。雨で濡れると重くなるからです。藁を散らしていると、

IMG_3991.jpg

 ネズミの巣。

IMG_3992.jpg

 あっちにも。

IMG_3995.jpg

 こっちにも。

 ネズミも、びっくりして飛びだす。

 これでは、藁は散らせない。

IMG_3993.jpg

 仕方ないので、1つの田んぼに1つ藁山を残しました。

 藁山と書くと、相撲取りみたいだ。藁山関は、強いか?弱いか? 藁は、しめ縄にしたり、藁草履にしたりします。丈夫だからです。藁山関は強いかもしれない。


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月08日  下地塗り その後
 漆喰の下地塗りは、材料が無くなってしまったので、次のが届くまでは中断しています。今日その材料が届きましたが、おみずは「袋には3℃以下では作業しないように書いてあったね。朝夕大丈夫かな?」割れるのか。「夜から朝まで、トイレの便座ヒーターを高温にすれば大丈夫かもしれないけど・・・・。」とおみず。

 作業は中断したままです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月07日  松崎 暴風
 朝から強風です。松崎高校は休校になりました。畑の傍の家は、洗濯物が、物干しざおごと飛んでいました。建久寺田んぼも見に行きましたが、トラックに積んだ野菜が飛ばされそうになったので、止まる事が出来ませんでした。

 さて、今日は七草。

IMG_3989.jpg

 畑には、3草しかありませんでした。この辺りでは、七草のひとつ、ぺんぺん草を見ません。都会ではよく見たのに不思議です。3草に春菊を入れてお粥を食べました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月05日  お正月の仕事
IMG_3983.jpg

 吉田区の役員をしています。今日は吉田神社のお賽銭集め。此処は、区の一番奥で、道路もここの前まで、駐車場もありません。賽銭縛の中を見たら思ったより入っていました。他所から来る人もいない神社です。区の人が沢山来たのかな?みんな奮発したなぁ。

IMG_3979 (2)

 近くに梅が咲いていました。奥には梅林があります。梅林も今は手入れする人がいません。静かで綺麗な所です。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月04日  下地塗り 早くも1名脱落?
 今日の作業は、トイレ正面。狭いのでおみずが一人で塗りました。遠くで見ると上手くなったように見えますが、近くで見ると・・・。初心者には難しい作業です。

 私はと言うと、崩れ荘の上の木の伐採。元々崩れそうな家ですが、一応、屋根はあるので、これの上に木が落ちないように気を付けました。木の伐採は住んで限り、毎年です。冬の間にもっと切らなければ。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01月03日  下地塗り 大! 苦戦!!
 下地材を塗る為に、昨夜、保護具、計量カップ、水、バケツなどを用意して、朝から始めました。所が、ラスボードに下地材が付きません。ラスボードに当てると「ずるっ」とそのまま落ちてしまいます。

 「こんなに落ちるのはおかしい。撹拌機を使わなくてはダメなんじゃない?。」と言ったら、おみずは「手練り可と書いてあったよ。」中断し、それぞれ、1F、2F、のパソコンで調べました。分かったのは、水分量が多い方が塗りやすいそうだ。10%水を多くした。少し塗りやすくなった。が、それでも落っこちる。塗れても、凸凹。私達は取る量も同じ位にしているのですが、壁につけたら、タップリ付く所と、ボードが見える所が出来てしまう。

 凄~く難しい作業です。

 おみずは「皆、最初は落ちるらしいよ。鏝を使うのも最初は出来ないらしいよ。」おみずは、相変わらず丁寧です。私は「兎に角ボードにくっつける。」事をしました。「少々凸凹でも、これがくっつかなければ、漆喰は塗れない。どうせ下地だ見えやせん!。」ボトボト落としながら、それを下ですくい、塗りつけました。1日で半分も終わらなかった。

 良い子の皆さんは、マネしないでください。楽しさはどんどん消え、服は汚れ、家の中は散らかり、残ったのは洗い物と、後悔だけです。でも、明日もまたやります!
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ