FC2ブログ

              
07月31日  太陽から見放された 町
 テレビでは、朝から猛暑の話題。映像を見ると、晴れている。一方松崎では、天気予報では晴れマークが出ているが、松崎は毎日、「ドヨ~ン」とした曇天。今日も1日晴れの予報が出ているが「ドヨ~ン」。洗濯も出来ない。松崎は太陽から見放されている。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月28日  大工さんは呼んでいないはず・・・。
 数日前の朝、2階の上の方で「トントン」「トントン」金づちで叩くような音が・・・。

 おみずは傍にいる。   あ!またキツツキが何処か叩いている。

 裏庭に野鳥が沢山います。昨年冬はフクロウが鳴いていました。今年もまた聞けたら嬉しいな。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月27日  お気に入り
IMG_3644.jpg

 先日草を取っていたら、カエルが挟まっているかのように稲の根もとに居ました。此処なら安全そうですね。良い所を見つけました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月25日  ザリガニがダンスを踊る時
 田んぼに水が無くなりました。雑草があっても、硬くて抜けません。残念ですが他の作業をします。私は畦草刈り。おみずは、大豆の定植。

 夕方、排水路で休んでいると、沢山のザリガニを発見。近づくと・・・・。

IMG_3675.jpg

 両手を上げる!威嚇しているのである。手を上げすぎて、後ろにひっくり返る!必死です。暫く見ていると威嚇を辞めた。手を上げすぎて疲れたのか、敵ではないと思ったのかは分かりませんでした。

 明日も、草刈リ、大豆定植は続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月23日  中干し
 土曜、日曜で、1都5県を移動しました。流石に取手の郊外を通った時は「此処は何県なんだろう?。」と思いました。

 帰った翌日月曜朝から「中干し」田んぼの水を止めました。2日休んだので畑で草取り。午後は雨で出荷準備。今日も雨。稲取に納品。午後から、町の特定検診。水が止まっても忙しい。

IMG_3043.jpg

 雪の無い富士山。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月21日  選挙戦 ある若者の関わり方
 昨日東京に向いました。高速バスを新宿駅西口で降りたら。「れいわ新撰組」のワゴン車が止まっていた。中には刺青の若者が二人。彼らは降りて来て、ゴミ拾い、モク拾い、を始めた。暫く見ていた。何も言わず黙って、拾い続ける。一人に話しかけた「ご苦労さん。れいわの人?。」と聞くと「そうです。」と一言。それでも見ていると。笑顔で親指を立てた。

 普通なら「○○を、又は○○党を宜しく」と言うのが、日本の当たり前の選挙の光景です。松崎の町議選なんか「宜しくお願いします。」しか言わない。「何を?、どう宜しく?。」といつも思っている私には新鮮でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月20日  目指せ頂上
 数日前、草取りに行こうと、二人で長靴を履いていると。すぐ傍のバナナの葉に、小さなカマキリがいました。

IMG_3654.jpg

 カマキリは上に上がろうとしましたが・・・。

IMG_3655.jpg

 滑落!

 「この葉っぱ滑るんだ。」

 カマキリは、またすぐに登り始めた。

IMG_3656.jpg

 私達には何故この木が良いのか分かりません。もっと上りやすい木も近くにあるのに。でも登るなら、頂上まで行って欲しいと思うのでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月18日  日照不足でも雑草は元気

IMG_3674.jpg

IMG_3673.jpg

 日照不足で、稲の分決は良くないですが、雑草はそんなこと何のその。生える生える。取っても取っ手もきりがないですが、そのままにしていると、雑草に養分を取られ、収量が減ります。だから出来るだけ取ります。水を止める「中干し」まであと3日。草は何処まで取れるか?

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月17日  田んぼはサギばかり
IMG_3620.jpg

 7~8羽は居るでしょう。サギは別の田んぼにも居ます。那賀川にも集団で居ます。この辺りに一体何羽居るんだ?

 今日も草取り2周目でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月15日  オタマその後 呼吸
 数日前、おみずが草取りをしていたら手足のある「オタマ」を「すくって」しまったそうです。「あの手足のあるオタマ、初めてのエラ呼吸だったのかな?。」とエラく気にしていました。オタマも日に日に成長しています。

 今日も草取り2周目をしました。明日も続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月13日  田の草取り 1周目終わり
 20枚すべての田んぼの草取りが終わりました。しかし、草は取ってもまた生えるので・・・・。

 明日から2周目に入ります。エンドレス。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月12日  オタマその後 行列
 ある日の事、コンクリ畦を歩くと「オタマが田んぼの中へ一斉に逃げる」とおみずは知った。

IMG_3593.jpg

IMG_3601.jpg

 近づくと逃げてしまうので上手く写真に撮れないですが、1か所に100匹くらいはいるでしょう。
 
 どうも、畦際の「藻」がお好きらしい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月10日  日照不足 稲にも影響
 数日前,松崎の師匠が「日照不足で稲が分決しないな。本来ならこの時期1日1本増える位の勢いがあるはずなのに・・・。」「収量減りますかね。」

 「減るな。」

 今日テレビのニュースで「日照不足の影響」と言うのを報じていた。キュウリが曲がり正規出荷が出来ない。ナスも同じ。夏野菜高騰。冷夏。天気は私達にはどうしようもありません。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月09日  サギ被害
 オレオレ詐欺ではないですが、被害は出ています。

IMG_3602.jpg

 犯人はコイツラです。下足痕をしっかり残している。

IMG_3610.jpg

IMG_3612.jpg

IMG_3615.jpg

 踏まれると稲は折れます。毎年被害に遭います。ネットを張るには広すぎて無理なので、諦めています。8月になれば稲が大きくなり、サギと同じくらいになります。そうなればサギも踏むことは勿論、稲が広がり、奴らが入る隙間も無くなります。もう少しの辛抱です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月07日  足跡
 大雨が降ると、田んぼの水を止めます。水が無くなった田んぼには、無数の足跡があります。

IMG_3610.jpg

 これは、サギ。

IMG_3609.jpg

 これは5本指の生き物です。シカやイノシシではない様です。アナグマ?ネコ?

IMG_3607.jpg

 これは初めて見ます。歩幅が小さい、そして沢山ある。手足いくつあるのだ?こんな動物居るんだ。何だろう???大きなムカデ??
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月05日  3度目で会えた
 最近おみずは、カワセミを2度見たそうだ。いいなぁ~。場所は田んぼ脇の排水路だそうだ。昨日お昼頃、排水路を飛ぶ、碧い鳥を見た。綺麗!チョット得した気分でした。

kawasemi.jpg


 さて、先月30日から今日まで、ブログランキング1位が続いています。何かの間違いだと思います。普段はあっても一瞬か1日ですから。5日は最長記録かも。明日は定位置の2位でしょう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月03日  田んぼから スッポン
 今日も小雨降る中、草取りです。草を取ると田んぼの水が濁ります。午前中、濁った田んぼの中で、ゴミにしては大きい物を発見。「木の枝ではないな?プラスチック製品かな??」引っ張って見た。

 出て来たのは甲羅!

 びっくりして落とした。多分スッポン。あ~咬まれなくて良かった。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月02日  カッパさん大歓迎
 おみずの行っている売店はこの所、キュウリだらけです。ウチも毎日数本取れますが、よそのお宅は上手なので、それはそれは沢山採れることでしょう。それが売店に結集します。毎日たくさんのキュウリが納品されますが、お客さんの数は普段道理。結果残ったキュウリは返品となります。それでも、納品する人が多いそうです。何処も食べきれない位採れるからでしょう。

「どうすればいいんだろうね?。」おみずは「キュウリを採るのも、搬入するのも、人手とガソリン居るのにね。困ったね。」

結論。「カッパの団体さん、来ればいいね。」
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07月01日  鷺 ウチの田んぼだけ一杯
IMG_3602.jpg

 何故かウチの田んぼ、いつもサギが居ます。「風情があっていいなぁ。」と思ったら大間違い!コイツラは稲を踏みます。体も大きいので足も大きい、人間の手位あります。踏まれた稲は、折れます。堪ったものじゃありません。追い払うと、一度は逃げますが、何故か又ウチのどこかの田んぼに入ります。田んぼは一杯あるのに何故??
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |