FC2ブログ

              
12月31日  さよなら 2019年
 2019年も今日で終わり。皆様どんな1年だったでしょうか?

 私達は、恒例の「餅つき大会」無かったので、すこぶる元気な大晦日を過ごしています。

 日中は掃除や片付け。お昼は二人で年越しそばを作りました。おつゆ、温泉卵を作り、つくね芋を擦り「とろろ温泉卵蕎麦」完成!今年食べたお蕎麦の中で最高の味でした。

 さて今年もあと数時間。今年1年皆様には大変お世話になりました。来年も本年同様宜しくお願い致します。

 来年も皆様が良い年でありますように。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月30日  甘い夢
 数日前「冬紫蘇」の事を書きましたが、おみずは・・・。

 「あの紫蘇、種付けるのかな?これから寒くなるでしょ。種付けないで枯れちゃうんじゃない?」

 「💡・・・・・・・(・_・;)」

 話を変えよう。昨日、一昨日とブログランキング1位になりました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月28日  実りの秋に書けなかった事。
 それは西伊豆町から始まりました。ウンカと言う虫が大量発生したのです。ウンカはセジロウンカ、ヒメトビウンカ、等数種類居ますが、これらが大変危険蟲で、この辺りでは「稲を一晩で全滅させる。」と恐れられています。

pict156.jpg

 これは、資料映像です。

tubokare.jpg

 これが、特徴で「土俵型」と言われています。

 ウンカは秋、稲がしっかり実った頃、大陸から風によって集団でやってきます。飛ぶ力はない様で、風によりやって来て、集団で稲の根元に取り付き、養分を吸います。すると稲は刈れてしまいます。スズメの食害とは違い、根元をやられるので、そこは皆枯れます。繁殖力が旺盛で、一週刊で成虫になるとか。すると又稲が吸われ、刈れます。

 そのウンカ集団が、西伊豆町から、松崎町岩科地区に現れたのが10月初旬。

 対策は、農薬散布しかありません。後は、来る前、来て直ぐに稲を刈ってしまう事です。干してある稲の養分は吸わないそうです。

 私達はウンカを知りませんでした。埼玉、千葉では聞いたことがありません。静岡県他、沿岸部特有の物なのでしょう。初めて見たのは来てすぐ。場所は、寄り道売店近く、俵型でした。「そんな恐ろしい害虫が居るんだ。でも防ぎようがない。」どうしようもありません。ウンカが来たら稲を刈ります、熟してなくても。農薬は使えませんから。

 さて、ウンカは岩科地区から、下田方面に上ってきました。寄り道売店近くでも、所々枯れて、穴の様に見えました。寄り道売店までは5キロほど、上がってきたら不味い。刈っていないのは、赤米、黒米、サリークイーン、もち米、沢山ある。普通の「うるち米」は終わっている。助かった!それから、吉田区の奥の田んぼがやられた。その後は上の地区で数件やられ、また上の地区に移って行った

 建久寺区、それに続く吉田区は被害はありませんでした。

 田んぼの師匠が言うには「ウンカは飛べないので、風に乗り、建物、家に当たり落ちる。そこに住む。」「建久寺区は一面の田んぼで、風が良く通る、ウンカは過去1度あったくらいだ。」と言いました。

 確かに14年お米を作っていますが、近所でウンカにやられた家は無い。良い所を借りました。しかし風が通るので、干した稲は毎年風により、バッタバッタとよく倒れます。今年も建てた傍から倒れました。

 ウンカの被害は、西伊豆町、下田市、南伊豆町、松崎町、函南町と多岐にわたりました。でも、こんな年は珍しいです。

 ウンカの事は考えるだけでイヤになります。でも「万が一」が無いとは言えないので、今年の現状をいつか書かなければと思っていましたが、遅くなってしまいました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月27日  今年も出た!おみずの餅管理表
 おみずは、家ではお餅の管理表を持っいます。表には、水漬、搗き、切り、種類、枚数、等が色分けされています。毎年クリスマス前から、年末までずっと持って動いています。今年もあと少し、お正月用のお餅つくりはあと少しとなりました。

IMG_4081.jpg

 家の前庭の紫蘇。今日は12月27日。青々としています。まだ種も付けていません。畑の紫蘇は11月には枯れ、今は枝だけになっています。この紫蘇、突然変異の紫蘇?

 種を取って売るかな?名前は「冬紫蘇」「冬大葉」「ふゆあおあお」「シカの涎れ紫蘇」売れたら何買おうかな?天井板、壁板、漆喰、大きなストーブ、靴箱、迷うなぁ。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月26日  年末のお米の販売について。
 水曜日に精米所に行きました。通常営業は毎週、月、火、水、ですが、12月29日営業と書いてありました。しかし、都合により29日は営業しないと言う事になりました。

 申し訳ありませんが、今年は籾摺り、精米が出来ません。年始は1月7日からの営業です。年末年始ご迷惑をお掛けしますが、ご了承願います。

 エッサホイサ堂
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月24日  ストーブを点けた
 この冬初めてです。昨年より2週間位遅いかな?

 先日、インドのお菓子の事を書きましたが、見たお客さんから反響がありました。「ネットでも買えますが、送料を入れると千円位になります。」との事。

 お菓子は、粗1つ150円(税込み)です。私達が買ったのは、moong dal(ダルフライ)salted boondi(ひよこ豆粉のフライ・丸),nylon sev,(ひよこ豆粉・フライドヌードル)ピスタッチオのビスケット。ネットで見ると、ダルフライ300円~+送料で、他のお菓子だと千円になるでしょう。新大久保が一番安いです。今回は買いませんでしたが、ギリシャでよく食べた「焼いて食べる山羊のチーズ」も他よりも400円位安かったです。ベトナム食堂のランチも900円位でした。ケバブも安くておいしいとネットに書いてありました。エスニック食材、食堂、新大久保お勧めです。エスニック食材のお店は沢山あり、品ぞろえ、値段も少し違います。何件か回った方が良いでしょう。

 次は、今回発見できなかった「ビリヤニ弁当(インドの炊き込みご飯)」を探しに行きます。ビリヤニを食べたのは、仲間のバングラ人のナシールが作ってくれたのが最初。美味しかった~。インドでも日本でも、ナシールが作ってくれたのを超える物にはまだあっていません。今回は、ビリヤニマサラを買って来たので、ナシールを思い出しながら作ろう。

 今日はクリスマスイブ、皆さまの所にサンタさんが来ますように。

   Merry Christmas!

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月22日  伊豆は暖かい
 昨日の夜は18℃ありました。数日前まで虫の声が聞こえました。今日、外に置いてあったズボンに・・・。

-191213-1.jpg

 ケムンパス。

IMG_4077.jpg

 とても小さい。

 田んぼでは年の瀬と言うのに、コオロギが居ました。20日前に会った金沢の友人は「雪が降り始めた」と言っていたのに。暖かくて過ごしやすい。と思うでしょうが、畑の、キャベツ、白菜、高菜などは、虫食いの穴だらけ。暖かくて良い事ばかりではないです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月21日  🐌の旅
 東京から戻った日、凄く小さいカタツムリが流しの縁に居た。

IMG_3269.jpg

 出掛ける前は確か、流しの手前に居たはず。

IMG_3274 (2)

 写真が鮮明でないですが、カタツムリは右上の方の縁に居ます。出掛ける前は、左下に居ました。3日でコーナーを曲がった訳だ。

 「ゆっくりだが、間違いなく前進している。」と思った。そしてカタツムリに「後退せづ、少しづつ前に進む事で明日は変わる」と教わりました。
 翌日の事。朝起きると・・・・。

IMG_3279.jpg

 前進していなかった。

 寄り道?多分、道分からなくなっちゃたんだろうな。



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月20日  おみずの朝の日課
 居間のカーテンを開けて・・・。

IMG_3221 (2)

 これを見る事。渋柿を食べるメジロ。今年は見納めです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月18日  3日休むと・・・・・。
 出荷がどっさり。年末と言う事もあり、お餅の注文もあちこちから来ています。有難い事です。年末まで休まず働きます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月16日  アジア旅行
 3日目は、新大久保に食材の買い出しに行きました。ひよこ豆1キロ、レンズマメ1キロ、クミン

IMG_3267.jpg

 他にはこんな物も。むげん堂などで手に入る物もありますが、此処は最安値でした。特に豆類、香辛料は驚くほど安かった。

IMG_3266.jpg

 お昼は向かいのベトナム料理を食べました。チャーハンは中華にエスニックが入った感じでした。具の中にフライドオニオンが入っているようだ。帰ってやってみよう。生春巻きは、チリソースではなく、中華風のソースでした。フオーも中々でした。最近食べたエスニック料理の中では一番良かった。

 店員の女の人は、お客が入って来ると、日本語、英語、ベトナム語、と使い分けていた。分かるのでしょうね。私は分かりません。

 新大久保を歩くと、韓国、タイ、ベトナム、中国、ネパール、インド、などのレストランがありました。色々な国の言葉を聞きました。まるでアジア旅行をした様でした。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月15日  はらっぱ祭り反省会
 今日は、はらっぱ祭りの会議です。スタッフ以外にも、出店者の参加もありました。駐車場、駐輪場、ゴミ問題、などなど議題は沢山ありました。中でもびっくりしたのが「ペイペイ」を使える店があったと言う事。知らなかった~。

 9時過ぎからは忘年会。皆こっちの方が生き生きとしていました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月14日  初めてのICカード
 今日から、おみずとお出掛けです。向かったのは三島駅。おみずはスイカを持っています。私も買おうとしたら無い。窓口で聞いたら「此処はJR東海なのでSuicaではなく、Toicaになります。」と言われた。「ペンギンのが良かったなぁ。」と思ったが仕方ない。

IMG_3275.jpg

 ペンギンではなく、ひよこでした。これも良いか。

 三島駅から関内駅に向かった。初めてのICカードドキドキしたが通れた。JRの関内駅で降りる時二人共ブザーが鳴った。「???。」理由を聞いたら「JR東海とJR東日本をまたがっているので・・・・。」と申し訳なさそうに駅員さんは言った。「ええ?両方JRじゃないの?」その場で相殺して貰いました。よくわかんないなぁ。「この先大丈夫かな?」と思いました。

 今日は、松崎の友人の個展を見に行きました。明日は東京です。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月14日  Rストーンズと言えば 47年前・・・。
 1972年冬、突如「ローリング・ストーンズ来日公演決定。」と発表された。若者は熱狂。チケットを求め大騒動になった。発売日は12月。その前に「前売り券の、前売り券」が出ると、噂になった。11月下旬のある朝、始発電車に乗り、渋谷に向かった。渋谷駅に着くと、うっすら明るくなった。若者たちが大勢いて、皆東急本店に向かう。列の最初の人達は「電気こたつ」に入っていた。しかしこれはタダのうわさで、結局チケット手に入れられなかった。

 前売り券発売日は12月1日。3日前から学校サボって、銀座の鳩居堂に行きました沢山の若者が並んでいました。皆徹夜覚悟。並んでいると、前から数人のお兄さんが来た。話を聞くと「一番前に並んでいます。ずっと並んでいるのも大変だから、時間を決めて点呼をします。その時間に又集まって下さい。野宿をする人は他でして下さい。」いい案だ。そのお兄さんたちはそう言うと、後ろの人達に同じことを言って回った。異論は出なかった様だ。それから数日は、昼間は銀座で過ごし、夜は家に帰った。

 このお兄さんたちは「鳩居堂の人」ではなく、自主的にしていました。あの頃の若者は「ロックファンは皆仲間」と信じていました。良い時代でした。あ!長くなった。

 チケットは買えました。B席でしたが全然良い。東急本店では4000人が並んだと言われた。「いよいよ来年Rストーンズが見られる!。」1972年が後数十日となっていた。

 1973年の年明け。「ローリングストーンズ公演中止!。」と発表された。チケット発売から38日後でした。

 ミックジャガーが日本に入れないと言う事でした。大騒動は意外な形で終わった。公演は中止になったが、少し参加出来たので満足でした。47年前私は17歳おみずは2歳の冬でした。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月13日  収穫
IMG_4063.jpg

 つくね芋。

IMG_4066.jpg

 里芋。

IMG_4068.jpg

 生姜


IMG_4067.jpg

 つる首カボチャ。

IMG_4071 (2)

 つくね芋は自然薯の親戚か、また従姉加、の様な物です。かなりの粘りです。スプーンで取ってもなかなか取れません。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月11日  Rストーンズと言えば 30年前・・・。
 初来日の時、友人、知人、兄弟、集まって、東京ドームに行きました。その中に赤ちゃんを抱いている人が居ました。生まれて数ヵ月だろう。

 ストーンズが出て来た。大歓声。その中でその子はすやすやと眠っていた。よほど心地が良かったのだろう。最後まで泣かなかったと記憶している。

 面白い子!ストーンズを子守唄にしている。

 先日の先輩のお別れ会で、ストーンズを見に行った話になった。私はあの子がずっと気になっていた。「どんな子になっているんだろう?。」参列者から「あの子ですよ。」と言われた。30歳になるらしい。学生の頃は音楽部だったそうだ。傍に行き「君はスートンズの生演奏中にスヤスヤ眠っていたんだよ。」と言いました。そんな乳児は世界中にも滅多にいないと思います。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月10日  別れの Jumpin Jack Flash 
 お世話になった先輩が亡くなり、お別れに行きました。葬儀にお坊さんの姿は無く、お経も無かった。初めに黙とうをし、先輩が好きだった曲が流れました。綺麗な女の人の声でした。それをじっと皆で聞きました。その後お焼香。少しして、お棺に花を入れ、お酒、たばこ、おつまみも入れ、お別れをしました。

 後で気が付いたのですが、位牌には「俗名」と書かれ名前が書いてありました。。お経も無く、戒名も無いお葬式でしたが、とても居心地のいいお別れの会で、Sさんらしい会でした。

 後で「あの曲は?。」と言う話になりましたが、皆知りませんでした。50年来の友人が「Rストーンズでも良かったのかな?。」音楽が好きでした。フルートを教えてもらいました。Rストーンズも一緒に見に行きました。

 帰った後、Sさんを思い出しながら夜が更けるまで、Rストーンズを聞きました。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月09日  12月なのに・・・。
 今日は午後から二人で藁片づけをしました。上の藁は乾いていますが、2段目からはびっしょり、格好重いです。おみずは、それを一輪車に「大盛」に乗せ、畦に掛けたブリッジを上がって行く。私は虚弱体質なので、「普通盛」で行きます。

 汗が出ます。どんどん薄着になります。最後は腕まくりをしました。

 ある時腕が「ちくっと」しました。見るとうっすらと血が出ている。蚊だ!!

 12月もとうに過ぎている。こんな時期に蚊に刺されるなんて初めてです。多分暖かさと、湿気があって、蚊は生きていけたのだろう。このまま温暖化が進むと、冬はストーブを焚かないで、蚊取り線香を焚く事になるのか?

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月08日  台風の後始末 第2章へ突入
IMG_4059.jpg

IMG_4060.jpg

 此処も何層にもなっています。気持ちがめげますが、このままにして置くわけには行きません。少しづつやります。

 「避難所日記」長くなってすみません。最後まで読んで頂いてありがとうございます。こぼれ話を年内に短く書きます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月06日  鶴首カボチャ
IMG_4056.jpg

 今年は沢山採れました。

IMG_4057.jpg

 30個以上あるでしょうか。今年のは数は多いですが、小ぶりです。

 スープ、ソテーなどが合います。中には「味噌汁が美味しい。」と言う人もいます。手間もかからず、肥料も要らず、無農薬でも上手く出来ます。一つ困ったことが・・・・。勢力が旺盛なので、どんどん広がって行き、よその家まで行きます。 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月04日  伊豆も寒い
 伊豆も寒くなりました。でも、トンボはまだ飛んでいますが。

IMG_3197.jpg

 河津で見つけた花。桜だと思いますが、河津桜より早いですね。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月02日  避難所日記
 10月12日(土)は静かな朝だった。 おみずは朝から避難の準備。私は朝ご飯を食べ、食休み。テーブルの前のおみずは、レインコートを着て、リュックを背負い、手には寝袋を持っている。避難所に行き気満々。私「お昼ご飯どうする?。」おみず「おにぎり持った。」「俺もおにぎり持って行きたいな。少し多めに。」ご飯を炊くことにした。その間おみずは、選別。

 11時前、寝袋、パソコン、アルファ米、水、コーヒー、お茶、箸、コップ、どんぶり、新聞紙、本、ティッシュペーパー、クラッカー、おせんべいなどを持って「避難所へ出発。」

 避難所は、町の中心部のホールが一番大きいが、海が近くて行く気になれない。高い所、三聖園の下の幼稚園に向かった。車で3分位。幼稚園に着いた。「あれ?。」門が閉まっている。「どういうことだ?」此処で2年前「風船ショー」をしている、此処のはずだ。Uターンしてゆっくり走ったら、手前の小学校に車が数台止めてあった。車を止め、小さな建屋に向かったら「避難所」と書いてあった。「良かった!着いた!。」町職員は4名。名前を書き、中に入った。ピアノが一段高い所にある40畳ほどの部屋で、12~13人ほどの人が居た。最高齢は96歳。最年少は受験生。真ん中あたりが空いていたので、そこに二人で寝袋を敷いた。

 テレビがあった。地デジのテレビを「初期設定」にする事から始める。地域を選ぶが前に行かない。アンテナとつながっていない事に気づく。アンテナを探したが、結局映らなかった。準部不足である。

 「テレビからの情報はなくなった。」

 昼食になった。出来上がった、アルファ米、アルミの袋に入ったラーメンのどちらか。私達はおにぎりがあるので、貰わなかった。少しして、男の子とお父さんが入って来た。

 暫くして「河川が増水しています、2階のある中川小学校に移動してください。」と言われた。96歳のおばあさんは、階段が上がれない。町職員、付き添いの人(近所の人)と松崎荘に移った。雨風が激しい中、屋根伝いにつながっている、小学校に入った。配られた、毛布、ブルーシート、手荷物を持って階段を上がるのは、年配者には大変。

 入ったのは、音楽室。窓が一杯あって明るい。楽器庫が隅にあったら、女の人用に空けた。おみずと先程隣だった40代の男の人と廻りの様子を見回った。ベランダの排水溝が詰まっているので取った。高齢者にイスを配った。隣に工作室があったので、はさみ、紐、筆記用具を持ちだした。音楽室の外に濡れたものを掛けるロープを張った。おみずは職員とガラスに養生テープを張っている。

 若い夫婦と小さな子が入って来た。楽器庫の方を勧めた。これで子供は3人廊下で遊んでいる。受験生らしき少年が理科室で一人勉強している。

 部屋の中が湿気てきた。若いお父さんが上の小さな窓を少し開けた。養生テープは湿気で張れなくなった。

 町職員が扇風機を沢山持って来た、これで快適。ラジオも入った。ひと段落。年配者が気を使い、水とパン缶を持って来てくれた。乾パンよりは食べやすい。

 雨風が強くなってきた。田んぼの師匠に連絡し外の状況を聞いた。ウチの田んぼの旧道側は水が溜まり通行は危険と言われた。ウチの近くの人にも電話をした。「今の所、県道までは通行できる。」

 家庭科室に食料と、水、温泉水、栄養ドリンク、ポットなどがあった。最後に来た若いお母さんが「中では見えないので廊下に出しませんか?。」「良いじゃないですか。」山積になっていた物が、テーブルの上に綺麗に並べられた。避難してもこう言うのは、心が安らぐ。

 私達もアルミ袋に入ったラーメンを食べた。カップ麺と違って深いので最後まで冷めない、優れもの。

 台風が近づいて来た。木が大きく揺れるのが見える。雨、風の音はほとんど聞こえないので、余り怖くはない。しかし、台風は間違いなく伊豆半島に向かってきている。先程の若いお母さんに台風の進路を調べて貰った。直撃。

 停電になった。真っ暗。町職員が下で動いている。少しして投光器を3台持って来た。大きな投光器で音楽室が明るくなり、廊下、トイレも明るくなった。扇風機も周り、安心。外を見ると町は真っ暗。皆来ればいいのにと思った。

 夕方6時過ぎ、下田を通過したらしい。風の吹き方が変わった。7時過ぎ半数の人が帰って行った。毛布を畳見片付け、挨拶をして別れた。私は帰る事を望んだがおみずは「道路に水が溜まっているかもしれないし、倒木がったらどうするの。暗くて見えないよ。」と言われた。その通りである。皆危険と隣り合わせで帰って行ったのだった。

 9時前になると、雨風が弱まった。皆眠れない様だ。それは仕方がない。小さな話し声が夜じゅう聞こえた。まあ、勝手知ったる教室。何処でも逃げ場はあるの。

 実は私も眠れなかった。家庭科室に行っては、外を眺めた。車が通って行く。那賀川の氾濫は無かったようだ。空を見ると星が沢山見える。綺麗!夜が明けた。皆起きて来て三々五々帰って行った。

 私達も家路に。帰り道の風景は台風前と変わらずでした。家に着いた。土砂崩れ、倒木、浸水、窓カラス破損無し。

 無事だった~。疲れましたが、いい経験としよう。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月01日  今年もあとひと月
 最近の仕事は台風の後始末。

IMG_4044.jpg

 排水路が溢れ、脱穀した藁が隅に打ち上げられています。

IMG_4047.jpg

 この他に、道路を挟んだ田んぼでも同じになっています。

 この藁束を、上の元あった所に戻します。それはそれは長い道のりをです。山になっていた藁束の上だけは少し乾いています。その下からは水を含んでずっしりと重い。これが3束4束と層になっています。まあ粗びっしょりの状態です。

 打ち上げられた藁運び。今年中に終わるかな?

IMG_4046.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |