FC2ブログ

              
06月29日  おみずは見た!
 田んぼから帰ったおみずが「今日ね、田んぼにカラスが居たの。それも三匹。本物の三羽がらす見ちゃった。」

 所で、なんで「三羽がらす」って言うのかな?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月27日  田の草取り 再開
 週初めから痛めていた、首、肩を昨日、東洋医学のお医者さんに治療してもらいました。「どこが悪かったのかな?。」と聞いたら「針を打つほどじゃなかったけど、人の体って歪むのよね。それで無理すると、引っ張られる所が出てきて、痛くなるのね。首が悪かったけど、それがどこから来てい居るのは今回だけじゃ分からないな。」帰っておみずに話すと「他人の体だからね。」保育者時代に、西洋医学と東洋医学を学んだお医者さんからも同じことを言われたことを思い出した。帰って、体が軽くなった気がした。

 そして今日、おみずは売店仕事。朝から田車押しを再開。痛みは和らいでいた。夕方までおみずと一緒に田車押しをしました。

 明日痛みは良くなっているか?ひどくなっているのか?明日起きてみないと分からない。

IMG_4300.jpg

IMG_4302.jpg

 田んぼの仲間たち。見つけると心が和らぐ。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月26日  ひぐらし 季節と時間を知っている
 数日前から、夕方うす暗くなると、裏から、横の林から、日暮の声が聞こえる。毎年「建久寺田んぼ」で聞く声だが、今年は家の方が早い。「今日は鳴かないな?。」と思うと、少し後から鳴き声が。「さっきは、まだ丁度良い暗さじゃなかったんだ!。」

 建久寺田んぼで今年聞いていなかったのは、「丁度良い暗さ。」の時には、大体吉田田んぼか、畑に居たのでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月25日  老体にムチ打ったら・・・。
 10数人分の選別と手での草取りをしていたら、肩がおかしくなりました。腰からきているのかもしれません。田の草取りは、昨日今日と休んでいますが、選別はしています。

 田起こし、溝堀り、代掻き、田植え、田車押し、手での草取りと休みなくやってきましたが、体が付いていきません。15年前は20キロ近くある、アルミブリッジを2つ両手で運び、代掻き後のドロドロになったブリッジの難なく運べましたが、今は田んぼに足を取られるのを気にして、1個しか持ちません。無理して運んで捻挫でもしたら、その年はおみず一人となってしまいます。だから無理はしません。

 今年65歳になります。もう始めた頃の様には作業が出来ません。今田んぼにいるのは私達だけです。他の人達は、除草剤を使うので、稲刈りまでは、水管理と肥料を入れるだけです。「若いんだから、もっと出来る。」という人は沢山いますが、皆除草剤を使い、天日干しはしていません。私たちは作るからには、無農薬、無肥料、天日干しの昔ながらの方法で作っていきたいです。。昨年秋にも同じ様に、肩と腰を同時に壊しました。今までのやり方で続けていくには、規模を小さくするしかなさそうです。

IMG_4256.jpg

 マガモ二羽、兄弟?いとこ?カップル?夫婦?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月24日  こぼれ種
IMG_4297.jpg

 これは食用ほうずきです。昨年数年ぶりに自然発芽した種を採り、家で育苗し、此処に定植しました。数日前に気が付いたのですが、後ろに映っているのは、どう見ても同じもの。

IMG_4298.jpg

 これ皆、食用ほうずき。「種まきしなくてもよかったね。」とおみず。「・・・・・・(;^ω^)。」
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月22日  カラスとマガモのソーシャルディスタンス
 トンビとカラスは、よく空中でバトルしている。数日前、数羽のカラスが田んぼで行水をしていた。そのすぐ近くには、マガモが泳いでいた。「??。」両者最近の人間の様に一定の間隔を保って「ソーシャルディスタンス」状態。カラスはマガモを敵と思って居ないのか?おみずに聞くと。「食べる物が違うしね。マガモは柿は食べないでしょ。それにカラスの方が早く動けるので、マガモを敵と思って居ないんでしょうね。」マガモが柿取って食べている所、一度は見て観たい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月20日  レタスに於ける需要と供給の関係
 レタスがたくさん採れています。私たちの所で採れると言う事は、他所も同じです。直売所にはレタスが一杯。すると値段が下がります。値段が下がっても売れ残るくらいの量が並んでいます。私たちは食べきれないので、通る人に声をかけあげています。

 数日前おみずが「そろそろレタスが出なくなったよ。出してみようか?」ウチのは他の人のより立派でないが6~7個出しました。売れた!!おみず商売上手!!!
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月18日  アベノマスクが届いたが・・・。
IMG_4292.jpg

 その日の夕方、町のドラッグストアー「セイジョー」に行ったら「7枚、189円」で売っていた。以前、エッサホイサ堂のお客さんの薬局を営んでいる人に聞いたら、「布マスクは不織布のマスクより予防効果は低いのよ。」と言っていた。何よりこれは洗わなければならない。田の草取りは7月20日までに、どの位取れるかが、収量に影響します。洗って使うのも手間がかかる。どうしたものかな?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月16日  町長
 コロナが流行る前、町の会議終後町長に「吉田君10分位時間ある?。」「あります。」二人で町長室でお茶を飲んだ。たわいもない世間話をした。つい先日も「吉田くーん。」と町長に肩をたたかれた。
  松崎に来て15年。13年前「風車から健康と環境を守る会」として町長に要望書を渡しに行きました。その時の町長は「どういうエネルギーが良いんだろう。」と少し話をする時間を貰えました。その後の町長は田んぼに来てくれた。小さい街故のいい所かな。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月15日  6月15日
 60年前の今日は、安保反対のデモに行き、樺美智子さんが亡くなった日です。私は5歳だったので、その時は全く知りませんでした。小学生になり、中学生になっても、6月15日は「かんばさん」の事をテレビ新聞は伝えた。そうしているうちに「かんばさん」を覚えたのです。私が小さい頃は、戦争の爪痕がまだ残り、敗戦からの復興期でした。あのころの日本の人、あの焼け跡の何にもない所から、よく希望が持てたなあ。私だったら、絶望して、前なんか向けないだろうな。戦争が終わったから、それより悲惨なことはもう起こらない。と思ったからかな?

 若い頃読んだ本に、60年安保の時に、森繁久彌ら俳優が「声明文を出した。」とあった。ネットで調べたが出てこなかった。驚いたのは「文学座の杉村春子」が60年前のこの日「演劇人の会」としてデモに行き、前線にいたようだ。名前も顔も知られているので、狙われやすく、若い役者さんが必死に守ったようです。
 つい先日「芸能人のツイッター」が話題になりましたが、体張って反対を伝えに行った、役者さんが居たのですね。60年前のあの日、まだヘルメットや角材を持っていなかったデモ隊や周りの沢山の人の血が流れたことは事実の様です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月14日  除草作業
 無農薬栽培の除草には、幾つかの方法があります。合鴨を使うとか、鯉やドジョウを使うやり方もあります。私たちは、合鴨もやりましたが、今は昔ながらの「田車押し」を最初にします。

IMG_4289.jpg

 田車です。昔は木だったようですが、今はアルミで出来ています。これを押し、引き、田んぼの中を通ります。すると。

IMG_4288.jpg

 通った所の草が浮きます。

IMG_4291.jpg

 すごい数の雑草が浮いています。何千本あるんだろう?

 この浮いた雑草集めて捨てたり、炎天下ですと、1日で枯れていきます。田の草取りは7月20日まで続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月12日  強い雨で気を付けること
 入水口を止める事です。忘れると・・・・・。

IMG_4276.jpg

 田んぼに、枯葉や・・・。

IMG_4277.jpg

 雑草が根っこごと。

IMG_4278.jpg

 ゴミまで入ってくるのです。

 田んぼの中から、枯葉や草の根っこなどを集めるのに、小一時間かかりました。水を含んでいるので重い。閉めておけばよかった。さて終わったとは、田車押し。風が強く煽られ、体温を奪われる。ホントは辞めたいが、おみずが辞めないので17時頃までやってしまった。畑に行くと、トウモロコシは傾き、ピーマンが倒れていた。おみずは傾かず、倒れない。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月10日  補色全て終了!!
IMG_4272.jpg

 これで、今年の田植えは終了です。明日から、田の草取り開始です。

 いつから休んでいないだろう?田の草取りは7月20日まで続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月08日  おみずは見た! 三つ巴の鳥の言い合い
 今朝の話です。家のわきの水路の所で、黒っぽい鳥3羽が、ホバリングし大声で言い合っていたそうだ。空中というのが凄い。

 さて、機械植えの田植えは終わりましたが、四隅と「だいじょうぶだぁ号」が植えなかったところの補色が始まりました。数日はかかると思います。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月07日  2020年 田植え終了
IMG_4264.jpg

 今年の田植えが無事終了しました。パチパチパチ!!!田植え機「だいじょぶだぁ号」頑張りました。おみずは「おじいちゃんだから、早くすると上手く植えられないの。」自分の事のように思いました。この機械に出会ったのは15年前。その時も「ずいぶん古いなあ。」と思いましたが、5万円という値段に引き付けられて買いました。古いのでとても重いです。体力が要ります。もう私の体力ではきつくなってきました。この機械ともお別れの時です。5万円の機械15年も働いてくれました。ありがとう。

 さて、今日植えたのは、イセヒカリ、もち米・喜寿もち、ミルキークイーン2でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月05日  サバ1匹50円
IMG_4252.jpg

 魚が安いスーパーに行ったら「サバ小50円」と書いてあったので、5匹買いました。サバ大を見たら「250円」でした。小の5倍は無かった。2倍もいかないくらい。どういう設定なのだろう?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月03日  よその田圃も植えてます
 IMG_4251.jpg

近所の家の田植えをしました。姉さん達は長い事田植えをしているので、手植えが上手です。機会が回っているうちから、補色をします。此処の家の田んぼの一枚は三角形の田んぼ、植え方を考えていると、補色の手が迫ってくる。長年やっているので上手です。私達のレベルでは無い。天晴!
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月02日  6月1日を待つ人
 田んぼの上の那珂川に釣り人が居た。「ああ、そうか!アユ釣りが解禁になったんだ。」私達が松崎に来た頃は、那賀川で長い竿を使って、アユ釣りをしている人をよく見かけました。所が、ここ数年は全く見ていません。栃木県、埼玉県、神奈川でもアユ釣りは出来ますし。

 田んぼの師匠に「アユ釣りをしている人を久々に見ました。」と言ったら「最近は子供が川釣りをしなくなったな。俺たちは子供の頃からやっていたもんだ。だから川釣りをする大人が減ったんじゃないかな。」確かに。

 今日アユ釣りをしていたのは「シゲさん」でした。ウチの隣で田んぼをしていた人です。この日を待っていたのでしょう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06月01日  おみずの危険な1日
 或る朝の事です。おみずが1歩外にでたら「うわあ、大きいムカデ!。」すかさず、サンダルで踏んずけて撃退。少しして、生ごみをコンポストに捨てに行くと、今度は毛虫が居た。「色のどぎつい毛虫であれは毒がありそうだね。」此処も事なきを得た。

 田んぼに行こうとすると「今度はどんな危険な生き物に会うのかな?今度は🐍?。」

 帰ってきてナイロンのズボンを洗い、コンクリの上に置いて干そうとすると、洗ったズボンの下に又ムカデ。二度目の遭遇「さっきのと同じ位の大きさだった。」その日はこの後何事もなかった・・・・・。と思ったら。翌朝。

「夕べ蚊を4匹潰したんだけど、それでもブーンて音がしてたの。」おみずの危険な日々は続く。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |