FC2ブログ

              
03月14日  蜜蠟塗り
 我が家はまだ完成していませんが、建てられたから10数年が経って居ます。メンテナンスも必要となっています。床にワックスを塗る事にしました。床は無垢の板です。生活スペースなので、自然由来のものが良い。ワックスもありましたが「効果、僅か1か月」でした。ネットで調べると、評判が良くて、乾きが良い、蜜蠟を塗る事にしました。

 その前に、掃除と補修。

IMG_3400.jpg

 近所の大工さん数人が、床の傷を見て「これは治るよ。」と言いました。直し方を聞いたら「紙やすりをかけて、少し平らに、そして水がしみ込みやすくして、水をかけ、待ち、タオルを載せてアイロンをかける。

 あら不思議。木が膨らんで目立たなくなった。右の傷はアイロンをかけた後です。傷の形は残りますが、平らになっています。左も同じようになりましたが、深い傷は何度かやらないと、平らにはなりません。

 翌日、蜜蠟を塗りました。

IMG_3403.jpg

 おみずは「滑らないか?。」と気にしていました。ネットで誰かが「ケチに塗るのがコツ。」と書いていました。ケチは私たちの得意分野です。ケチ全開で塗りました。塗っては拭き、塗っては拭き。

IMG_3409.jpg

 上半分が終わった所。艶が出ています。

 これ簡単で良いです。2時間後位にはスリッパで歩きましたが、滑りません。1階と2階の廊下を塗りましたが、匂いも気になりませんでした。夜2階で寝ていると少し匂いがしましたが、料理の匂いほどではありませんでした。

 蜜蠟いいです。1缶7000円くらいで、18畳分くらい塗り、半分くらい残りました。お水は沢山余ったので、台所の木の部分にも塗りました。この作業塗るのが楽しいです。手や服についても拭くだけなのが良いです。





 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<倍速のウインカー | ホーム | 起こしちゃった?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://essahoisa.blog.fc2.com/tb.php/3210-8935d0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |