FC2ブログ

              
04月22日  妹と僕の100日  ケイが出てきたのは・・・・。
 子供たちが来るので、遊んだ。ある日、外から部屋に戻り、ドアを開けたら、私のベッドの周りに5人くらいの子供が待っていた。「そっと閉めて、戻ろうかな?。」そんな事は出来ない、と子供たちは知っていた。

 ある日部屋に戻ると、ベッドが膨らんでいた。中から出てきたのは、ケイだった。長い髪を振って笑った。その無邪気さに笑ってしまったが、10歳と25歳。今思うと、あの時の関係は何だったのだろう?今でもうまく言えない。でもあの時はあれが当たり前の事だったのだろう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妹と僕の100日  ケイの退院 | ホーム | 妹と僕の100日 6>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://essahoisa.blog.fc2.com/tb.php/3482-92b79043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |