fc2ブログ

              
05月08日  水門堰き止め
 今日は、私の要望でで水門を堰き止めました。ここ数日雨が降っていないので、堰き止めても増水しないので、今日を選びました。雨の翌日や翌々日にしたこともありますが、流れが急で危険すぎて中断もありました。今日なら安全と思ったからです。

220508-0

 紅一点のおみずも、珍しく髪を縛り、気合が入っています。川の手前から奥まで水の中を良く動いていました。今日参加の7名の中では2番目に若いのです。後はもう60歳から80歳まで。高齢になって、これが大変なのでお米を作るのを辞める人も居ます。

 午後は畑で夏野菜の苗の植え付けをしました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月07日  2回目の塩水選、温湯消毒
 2回目の、塩水選、温湯消毒をしました。

 今日の品種は、豊コシヒカリとミルキークイーン2でした。

 仕事量が多かったので、写真を撮るのを忘れてしまいました。これは、終ったあと水に漬けている所です。


220507.jpg

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月04日  田起こし中
 世間は大型連休の様です。松崎も、車、バイクが多く見られます。エッサホイサ堂に大型連休はありません。

220504

 昨日から2回目の田起こしを始めました。おみずはまだ少し頭が腫れているようですが、原因は、ムカデか数日前に頭をぶつけたせいなのかは、定かでないそうです。田起こしは明日も続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月03日  おみず受難
 今朝、おみずが起きて来て「夕べね、ムカデに頭刺されたの。」「ええ」「髪の毛を何かに引っ張られたの。起きて払ったらムカデだったの。」そして「潰したけどね。その後、ムカデの毒は熱に弱いから、髪を洗って寝たの。」

 「何時ころ?。」

 「10時半頃。」

 爆睡してて、全く気が付きませんでした。役に立たない奴でごめんね。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月02日  鳥も春を謳歌
 ブログを書いていたら、キジの子供が山側から水路の方に横切って行った。大きさは7㎝位。「飛べよ!」と思いましたが、まだ飛べないのか。走る姿も「ドタドタ」走るのも初心者?午後、パソコンを開いていたら、鳥が目の前から外へ飛んで行った、巣でも作る気か。作っても良いが、フンは外でしてね。

 夜、先週から裏の方で鳴いていたフクロウが、今日は家の前の方で鳴いています。すると、前方で答えるようにもう一羽が鳴いた。

220502.jpg

 カメラを持って外に出ました。写るわけないよね。


 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月01日  木はぐんぐん伸びる
220501.jpg

 木はどんどん大きくなり、光を遮ります。知り合いに頼んで、切った貰いました。細いのは毎年事コツやってほんの少し減りましたが、大きいのがまたどんどん大きくなりました。

 この時期、木は水を吸い始めて、重いです。冬はもっと軽いです。

220501-2.jpg

 切った後ですが、あんまり変わらないか?

220501-4.jpg

 これだけの薪が出来ました。ウチには薪ストーブが無いので欲しい方にあげます。

 続きは木が軽くなる冬になります。




吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月28日  芽が出た
220428-1.jpg

 25日に撒いた、イセヒカリ、もち米、赤米、黒米、サリー、ミルキークイーンの芽が出ました。

220428-2.jpg

 5月下旬の田植え迄、此処で育苗します。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月27日  1ヵ月経った 葡萄
220427.jpg

 萎みましたが、原形を保っています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月25日  種まき1回目
 2022年の種まきが始まりました。

220425-1.jpg

 ミルキークイーン①

220425-2.jpg

 黒米・さよむらさき

 他に、イセヒカリ、喜寿もち、赤米・紅染もち、サリークイーンを蒔きました。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月24日  タケノコを沢山食べると・・・
 タケノコが一杯ある。三食食べたら。お腹が空かなくなる。血圧若干上昇。喉がイガイガ。となりました。「腹八分目」は正しい。と分かった。

 おみずは何ともない。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ